私達を知る

向上心を持って
挑戦し続けること

松田友理子さん
大阪老人ホーム 生活相談員 ショートステイ課

メッセージはこちら

TOP  >  私達を知る

私のプライド

日々の業務に追われると、
つい目の前のことでいっぱいになりがち。

でも、それでは利用者さんやそのご家族のよりよい生活を追求することはできません。また、生活相談員は人と人の間に入ってつなぐのが役目。そこに答えがいつも用意されているわけでもありません。だから、人と関わる限り、謙虚な姿勢を持って常に学び、挑戦し続ける姿勢が大切だと考えています。

私が見た聖徳会

子どもができても、働きたいと思える場所

進路がまだ漠然としていた時に実習に訪れた聖徳会で、「ここだ」と決めて、そのまま就職。学生の時に勉強はしていたものの、やはり現場では少し大変な思いをすることもあります。でも、なによりもここで働く職員のことが大好きで、この環境に日々背中を押されています。気がつけば聖徳会に勤めて13年。その月日の分だけたくさんの人たちの笑顔を見ることもできました。利用者さんやその人を取り巻く人たちだけのことだけではなく、自分に子どもができれば、その子のことも考えなければならない。それで気持ちにゆとりがなくなりそうになったこともあるけれど、続けることができたのは、聖徳会ならではの環境とたくさんの人の笑顔のおかげです。

多岐に渡る仕事。
踏み込んだセカイから人をつなぐ

私は、ショートステイ課の生活相談員です。職員をはじめ、関係機関と連携を取り、ベッドの調整や受け入れ態勢を整えます。また、利用者ご本人やそのご家族に安心して過ごしてもらうために、お宅へお伺いし、そこにある生活環境をできるだけ再現してその人に応じた生活ができるように努めることも仕事の1つ。ただその他にも、利用者さんのことを共有するための会議はもちろん、自宅への送迎や、利用者さんと実際に関わって話に耳を傾けることも重要です。誰もが過ごしやすい環境づくりの担い手であり、そこに関わる人たちの調整役でもあるので、仕事は多岐に渡ります。そこもやりがいの1つ。私は元々介護職でしたが、その当時は利用者さんとそのご家族、職員同士の連携に目がいくことが多かったかもしれません。でも、相談員はさらにいろいろな人たちと関わることが増え、自然と視野が広がるので、さらに踏み込んだ視点が持てるようになったことも魅力の1つだと実感しています。

歴史で培ってきた、ここぞという時のわたしたち

生きていれば、イレギュラーなことがたくさん起こって当然。だからといって、決められた時間に出勤して帰宅する私たちに限界があるなんて言いたくない。「利用者さんのご家族が急に入院した。だから今日使いたい」ということにも全力で対応します。ほんとうに困ってうちに連絡しているわけだから、そこで無理とは言えない。むしろそういう時こそ、うちの力の見せどころ。安心した人の顔を見たり、次につながったりした時はこの仕事をしていてよかったと、心底思える瞬間です。
聖徳会には一生懸命な職員がたくさんいます。利用者さん、そのご家族、そして仲間にも一生懸命・・・。それが私たちの働きやすい環境や利用者さんのよりよい生活にもつながります。もし、自分の目標が見つからなくても、背中を追いかけたくなる先輩もたくさんいます。だから、安心して自分を高めていってほしい。今は将来が漠然としていても、何年か経って、「あの時一歩踏み出してよかった」と思えるはず。私は、まさにその一人。みなさんと一緒に働くことができる日を楽しみにしています。

Staff List