私達の仕事

TOP  >  私達の仕事

介護職員

(介護福祉士・社会福祉士)

介護福祉士は、介護の専門知識と介護技術を持ち、 施設または在宅で入浴や排せつ、食事など身の回りの世話を行い、 できるだけ自立した生活が送れるように支援する仕事です。


保育職員

(保育士・幼稚園教諭1種・幼稚園教諭2種)

保育園では、子ども達に食べる・眠る・着替える・排泄などの基本的な生活習慣を身につけることができるように支援します。 また他の子ども達との集団生活を通して社会性を養ったり、 様々な遊びを通して心身の健やかな発達を促します。


生活相談員

(社会福祉士・介護福祉士)

生活相談員は、サービス利用者・サービス提供者・ 行政機関の橋渡し役です。 まず利用者から苦情や不満等をよく聞いたのち、 単なる行き違いや情報不足によるものか、 個人の好き嫌いによる要望なのか 介護の質に関わるものなのか、虐待・詐取などにあたるのか等、事実確認を経て見極め、そのうえで本人への助言や、事業者側と意見交換を重ねて問題のありかを提示し、サービスの質の改善につながる 提案をします。 また、行政機関の関与が必要な場合は、 市町村の事務局を通じて適切な対応策をとります。


介護支援専門員

(ケアマネジャー)

介護支援専門員は、ケアマネジャーとも呼ばれます。 寝たきりや認知症などで介護を必要とする人や その家族からの依頼に応じ、彼らのニーズや環境を考慮して、どのような介護がいいのかのケアプランを作成し、その後のフォローを行います。 市町村の委託により要介護認定申請における調査も行い、要介護認定を受けるための申請を代行することもあります。